Via Mazzolino, 34 - 27050 Corvino San Quirico (Pv)

+39 0383 876122

ワインリスト

ブドウ畑の様々な

 
テヌータ・マッツォリーノは、北緯45度、アッペンニン山脈丘陵地帯、ポー河の右岸、オルトレポーのD.O.C.
(Denominazione di Origine Controllata:「統制原産地呼称」)地区の中心に広がる。

コルヴィーノ・サン・クイーリコのマッツォリーノと呼ばれる古くからある地域、1980年代からテヌータ・マッツォリーノの所有者となったブラッジョッティ家が、自身の企業哲学を植え込む。
30ヘクタールの丘、うち22ヘクタールにて各地質にふさわしいブドウ栽培を専門に行っている。

ピノ・ネーロとシャルドネ、そしてカベルネ・ソーヴィニョン
と地元品種のボナルダが、粘土地質で石灰質の少ない北東と北西向き斜面に植えられ、彼らの成育に好ましいミクロクリマにある。 低収量、厳密な剪定法、ぶどう畑では化学肥料を使用しない草生栽培、それらが高品質のワインを生み出す根底にある。




image1

ピノ・ネーロ

長い高貴で重要な高齢化と赤ワインを生産することができる卓越性のつる。

  詳細はこちら

image1

シャルドネ

ブドウは手で収穫し、成熟度の適切なレベルを達成しています。

  詳細はこちら

image2

カベルネ

地域での最近の導入は様々な、今好ましい環境を発見しました。

詳細はこちら

image3

・ソーヴィニョン

それ以来、この地域で栽培さパヴェーゼ重要な土着ブドウ、 Oltrepò 。

詳細はこちら